歌舞伎町でお金がない時に近くのATMを探す

新宿の歌舞伎町は、ドン・キホーテがある靖国通りを越えると、歌舞伎町に入ります。

歌舞伎町には一丁目と二丁目があり、花道通りを境にした南と西武新宿駅周辺の一画が歌舞伎町一丁目で、北が歌舞伎町二丁目です。
 

東の方へ向かうと新宿区役所、区役所通りを渡ると新宿ゴールデン街があります。

以前は、コマ劇の前の広場は大道芸人なども出る賑やか場所でしたが、近年は映画館も次々に閉鎖して、現在は、残っているのは新宿東急文化会館内のみとなっているようです。

歌舞伎町の名前の由来ですが、空襲で焼け野原になった歌舞伎町辺りに、戦後、歌舞伎の演劇場を作ろうという復興案が持ち上がったことから歌舞伎町と言われるようになりました。結局、財政難から歌舞伎演劇場の建設は実現せず、かわりにコマ劇場が建設されました。

その後、映画館、ボウリング場などが建設されはじめ、性風俗の店などが増えて、現在の歓楽街の顔を見せるようになりました。

映画館、漫画喫茶、居酒屋、キャバクラ、風俗店やホストクラブ、ラブホテル、パチンコ店も立ち並んでおり、「眠らない街」とも言われ、深夜になってもネオンで明るく人通りも多く誘惑の多い街です。

飲み過ぎたりして、ついお金にこまったことも多いのではないでしょうか。

コンビニがあれば、銀行のATMでお金を下ろすことも出来ますが、深夜、土日祝日となると、手数料もばかにならないですよね。

そこで、お得なやり方が無利息のキャッシング、レイク、プロミスなどの無利息期間があるキャッシングなら、お金を借りても、無利息期間中に返済すればなんと金利がかからないのです。

つまり、ATMで自分のお金を下ろすより、キャッシングした方がお得という裏ワザ。
 
1回だけですが、お得な方法なので是非覚えておきましょう。

 

歌舞伎町の消費者金融といえば、アコムが歌舞伎町入り口近くのセブン-イレブン隣の戸谷ビル3F、プロミスとレイクがドン・キホーテの隣のビルと、さすがに充実しています。

アコム店舗一覧

プロミスの店舗一覧

レイク店舗一覧

お金がない、自信がない、時間がないという言い訳

「お金がない」「自信がない」「時間がない」という言い訳はよく言葉ではないでしょうか。「お金がないから」「自信がないから」「時間がないから」と言って目の前の出来事から目を背けてしまう。確かにそのときはそれでよいかもしれませんが、逃げたままでは人間は成長することはできません。お金がないのであれば、どうすればお金を手にいれることができるようになるか考えて、実行することです。自信がないのであれば、何故自信がないのか考えて、物事に積極的に取り組んでみることです。時間がないのであれば、知恵をしぼって作ることです。これらの言い訳をすることは自分の可能性を小さくしていることと同じであることを自覚することが大切です。中には、自信がないからと見栄を張ってブランドの服や小物で全身コーディネートしたり、国産車ではなく外車を購入したり、アパートではなくマンションや一戸建てに住むなど、収入以上にお金を使うことでかっこつけたがる人もいます。自分に自信がないからといって、洋服や物で顕示したとしても、お金がなくなってしまうだけであり、本当の意味で自信をつけることにはなりません。ブランド好きな人は裏を返せば、自信がない人という見方もあります。物で心を満たしたり、自信をつけようとすること自体が間違っているということに気がつくことです。自信をつけたいのであれば、自分で努力して勉強をしたり、資格を取ったり、教養を身につけることです。本当の自信というのは内面を輝かせることです。時間がなくても、時間を作り出せるようになると、自信につながります。お金がない状態から、スキルアップして収入が増えると自信につながります。新しいことにチャレンジして達成できると自信につながります。自信は自分の力で身につけていくものです。一つ一つ身につけていくことで誰も真似することのできない自信になるのです。「お金がない」「自信がない」「時間がない」という言い訳は封印してみてはいかがでしょうか。

お金がないことは心の余裕もなくしてしまうこと

「給料日前でお財布の中が空っぽ」「毎月家計が赤字でやりくりが大変」「住宅ローンやマイカーローンの支払いで手元にお金がほとんど残らない」など、お金がないと心の余裕までなくなってしまいがちです。お金があると心に余裕が出てきます。お金の有無は人間の心に大きな影響を与えることは明らかであり、お金がないときは気持ちに余裕がないことから視野が狭くなり、考え方も小さくなってしまいがちです。性格までも悪くなってしまうことさえあります。つまり、心に余裕が欲しいのであればお金をたくさん持てるようになることですが、たくさんお金を持ちすぎるとビタミンやミネラルなどの栄養分と同じで副作用が出てきます。お金を持ちすぎてしまうと、税金をたくさん支払う必要があったり、相続で揉め事に巻き込まれてしまうこともあります。また、お金を持つほど、周囲にお金目当てで近づいてくる人が増えてきます。そうなることで逆に心の余裕がなくなってしまいます。つまり、お金がなさすぎても持ちすぎてもいけないのです。適度なバランスがよいということになります。適度なバランスとは、「もうちょっとお金があるといいな」というくらいです。この程度であれば、より多くのお金を得るための向上心をキープできますし、お金がなくて困っているということにもなりません。なかなかこの適度なバランスを手にいれることは難しいかもしれませんが、努力次第では手にすることは可能です。また、手にしたお金をどのように使うかも大切です。せっかくのお金を無計画に湯水のごとく使っていてはお金がなくなってしまいますし、全く使わないで貯め込んでしまうのも問題です。適度にお金は使っていかないと入ってきません。お金を使う際は、無駄遣いをするのではなく、いかに有効に使うか、いかにお金に働いてもらうかを考えて使うことが大切です。お金を賢く使えるようになると、適度なバランスを保てるようになります。

子供にお金がないという説明をしてもよいのか

子供が「おもちゃがほしい」「お出かけしたい」「遊園地に行きたい」などと言っても、家計がカツカツでゆとりが全くないときは子供の願いを叶えてあげることはできません。そういったときにみなさんはお子さんにどういった説明をしているでしょうか。「うちにはお金がないからできないよ」と言っている家庭もあると思います。子供のほうから「うちにはお金がないからおもちゃは買えないんだよ」と言っているケースも見受けられます。「お金がないから」とつい口癖のように言ってしまいがちですが、子供は親の背中を見て育つと言われていることから、子供も「お金がない」が口癖になってしまう可能性が高くなります。親であればそうはさせたくないものです。ここではそんなときにおすすめの解決法について紹介します。例えば、子供が「おもちゃがほしい」と言っても、「今日はおもちゃを買いにきたわけではないよ」と説明します。それでも子供が納得しない場合は、「あなたが大人になって我慢できない人に困らないようにね」と説明します。あるいは、お手伝いをすると10円をあげて、自分でお金を貯めることを教えます。自ら努力してお金を貯めてほしいものを買うということを教えるのです。子供専用のお財布を渡し、子供に渡したお金の管理は子供に任せてしまいます。そうすることで簡単なお金の計算ができるようになったり、ものの値段とお金について理解できるようになり、お金について学ぶことができます。本当にお金がなくて買えない場合は、そのとおりに説明するという考えもあります。そうではない場合は、何故買わないのかという理由や考えを説明することです。子供に理解できるように説明をすることで必要なものと浪費になるものの選び方や捉え方を学ぶことができます。学校では算数や国語などの勉強はできてもお金の勉強はできません。各家庭でお金について子供に教える必要があります。お金の使い方を教えるのは親なのです。

お金がなくて医療費が支払えないときの対処法

生活がぎりぎりで経済的な余裕が全くない場合、病気で働きたくても働けずお金がない場合など、お金がないが故に病院に行けないと不安に思ってしまいがちです。お金がないと医療費を支払うことができませんが、この場合はどうしたらよいのでしょうか。病気やケガは予測不可能であることから、突然長期入院や手術が必要になった場合は医療費のことが不安で仕方がないことでしょう。最近は医療費が支払えない人や支払わない人が増えており、その影響で病院側も運営に支障をきたしているケースが見受けられます。もしも、医療費を支払えない場合は、分割払いで支払うという方法があります。毎月の支払額をいくらにするのか、支払回数は何回にするのかはその人の経済状況によって異なります。契約の際に納付誓約書の提出が必要になります。分割払いにしたにも関わらず、毎月支払えないとなると、病院から催促の電話があったり、文章で通知がきます。延滞してしまうと当然ですが、延滞金が発生します。支払能力があるにも関わらず、滞納している場合は法的な措置を取る病院もあり、最終的には裁判所から支払い命令が来たり、それでも払わない場合は財産を差し押さえることになります。二つ目は、高額療養費制度です。医療費の自己負担は3割ですが、長期入院や手術が必要になると自己負担額が高額になり、家計を圧迫してしまうことになります。そんな場合、一定の金額を超えた分に関しては払い戻しができます。一定額を超えた場合、国民健康保険や健康保険組合など健康保険に問い合わせるとよいでしょう。高額療養費制度を利用することで一定額以上は医療費を負担する必要がなくなるため、支払いが楽になります。この他にも、高額療養費貸付制度、傷病手当金制度などを利用することもできます。お金がないからといって医療費を支払わないのは法律違反です。あらかじめ支払えないことが分かっているのであれば、相談することで解決法が見つかるはずです。

お金がない方におすすめの節約レシピを紹介

給料日前になると使えるお金がほとんどなくなってしまい、家計が危機的状況に陥っている人は少なくないのではないでしょうか。そんなときに限って、取引先の担当者との飲み会や友人との食事会など想定外の予定は入ってしまい、余計にピンチということもあると思います。給料日前のお財布がピンチ状態をどうやって切り抜けようかと考えるのではないでしょうか。そんなとき多くの人は食費を削ることが手っ取り早い方法だという結論にたどり着くと思います。食費を削りたいということからカップラーメンや菓子パンなどで栄養バランスを考えることなく食事を済ませているのではないでしょうか。ときにはカップラーメンや菓子パンも悪くはありませんが、やはり健康のことを考えると野菜やタンパク質、ミネラル、食物繊維とバランスのよい食事が大切です。お金がないときにおすすめの食材と言えば、おから、もやし、かいわれ、ひき肉、こま切れ肉などです。これらの食材は安く手にいれることができ、栄養価も抜群です。レシピの幅も広く、使い勝手がよいため、家計がピンチのときにはとても役立つ食材です。おからとひき肉を使ったおからハンバーグや、もやしとかいわれを使ったヘルシーサラダ、こま切れ肉ともやしの野菜炒めなどもおすすめです。この他にもインターネットや雑誌などで多くの節約レシピが紹介されています。「100円おかず」「家族4人分で250円」「常備おかず」などピンチのときにうれしい情報が満載です。また、旬の食材を積極的に使うこともおすすめです。旬の野菜や魚は通常よりも価格が安いだけでなく、栄養価もたっぷりなのでまさに「安くて美味しい」食材です。スーパーで特売品を狙うのもよいでしょう。カップラーメンや菓子パンに頼らなくても、価格の安い食材を使って自炊することでお金がなくても健康をキープしながらやりくりできるようになります。お金がなくても節約レシピで美味しい食事を楽しみましょう。

引きこもりでお金がない方必見、お金を稼ぐ方法

引きこもってしまう原因は人それぞれですが、仕事に就かずに引きこもったままという場合、親にも迷惑をかけてしまいます。しかし、一度引きこもってしまうとなかなかやめられないのも現実です。親は仕事に就くようにと言ってはくるものの、これまで社会人経験をあまりしたことのない人を雇う企業はほとんどいないとあきらめてしまっている人もたくさんいます。しかし、引きこもるにもお金は必要です。お金がなかったら欲しいものは買えませんし、親にも経済的に負担を与えてしまいます。ここではそんな引きこもりの方必見の、お金を稼ぐ方法について紹介します。引きこもりの方が稼ぐには、まずインターネット環境とパソコンが必要です。パソコンがあれば、オークション、ポイントサイト、アフィリエイトなどのネット副業ができます。オークションは、洋服や古本、化粧品、パンのポイントシール、ベルマークなど何でも出品することができます。不要だからと出品したものが高額で落札されることもあるため、やってみると意外と収入につながることがあります。アフィリエイトは、ブログなどに広告をはりつけておき、誰かがクリックして商品を購入してくれることで報酬がもらえますが、長期間やらないと稼げないこともあります。いかにブログにアクセスしてもらい、広告に興味を持ってもらえるかがポイントになります。ポイントサイトはネット副業初心者向けです。広告にアクセスしたりメール受信をするだけでポイントが貯まっていき、貯まったポイントは現金や商品などに交換できます。ネット副業は実にさまざまな種類がありますが、悪質な業者もいます。初期費用として高額なお金を請求する業者は利用しないことです。また、あり得ないような甘い宣伝文句を並べているところも注意が必要です。引きこもりの方でもネット副業でお金を稼ぐことは十分可能です。自分にぴったりの副業を探してチャレンジしてみるとよいでしょう。

お金がない場合の葬儀はどうしたらいいのか

「葬儀費用をできるだけ抑えたい」と考える方は意外とたくさんいます。葬儀は昔からのしきたりやマナー、常識、作法、住んでいる地域の礼法、慣習などがありますが、人生の間でそう何度も経験することがないため、葬儀を行うことになるとどうしたらいいのか戸惑うことも多々あります。「故人のために心のこもった葬儀をしたい」「しきたりやマナーに沿った葬式をしたい」と思うものであり、決してやり直しができるものではありません。ここでは、お金がない場合でも後悔することのない葬儀のあげ方について紹介します。費用を抑えたいというあまり、シンプルにしすぎてしまうと参列者にとって非常識なお葬式になってしまうことがあります。しかし、どうしてもお金がない場合は、盛大なお通夜や葬式を行うのではなく、密葬や家族葬という方法もあります。最近は親近者のみで故人を送りたいという想いから密葬や家族葬を選ぶことは珍しくありません。葬儀は急に行うことになることがほとんどなので、予めもしものときのことを考えておくとよいでしょう。葬儀費用は100万から200万円程度が一般的です。しかし、そんな大金を急に準備するのは大変です。一般的には親族などからの香典で相殺しますが、足りない場合は相続財産から差し引くことがほとんどです。また、故人が国民健康保険や社会保険に加入していた場合は補助金や埋葬金が3万円から7万円程度市役所から出ます。生活保護を受けていた場合は葬祭扶助という制度を利用できます。お金がなかったとしても密葬や家族葬で心を込めて故人を送るという気持ちがあり、マナーやしきたりをある程度守っていれば、あまり神経質になる必要はありません。故人がどんな葬儀であれば喜ぶのかということを考えると、おのずとどんな葬儀を行ったらいいのか分かると思います。お金をかけていないからといって故人が喜ばないというわけではありません。故人らしい葬儀を行うとよいでしょう。

お金がなくても週末を楽しく過ごす方法を紹介

お金がないために週末を満喫できないとがっかりしている人に朗報です。お金を使わなくても、有意義な週末を過ごす方法がたくさんあります。ここではお金を使わないで休日を楽しく過ごす方法について紹介します。一つ目はウィンドウショッピングをすることです。ウィンドウショッピングをしていると、欲しいものを見つけることがあります。しかし、今はお金がないから買えません。悲しくなってしまうかもしれませんが、「いつか欲しいものを買うために今頑張ろう」とモチベーションをアップさせることができます。人は具体的な目標があるとけっこう頑張れるものです。また、ウィンドウショッピングをすることで適度に歩くため、運動不足を解消することもできます。最近の流行を知ることや、街中を歩くことでよい刺激にもなります。二つ目は部屋の掃除をすることです。忙しい毎日を過ごしているとなかなか掃除ができないものです。普段掃除ができないままになっている場所を週末に徹底的に掃除をすることで、不要なものがたくさん出てくるはずです。洋服や古本などリサイクルショップで売れそうなものやオークションに出品できそうなものなどがあれば、副収入を得ることができるかもしれません。オークションは自分にとっては不要なものであっても相手にとっては欲しいものであると高値で落札されることもあります。不要だからといって捨ててしまうのではなく、オークションに出品してみるという方法もおすすめです。三つ目は図書館に行くことです。図書館はさまざまなジャンルの本があるため、多くの知識を得ることができます。週末に図書館でゆったりと読書をしながら過ごすというのもなかなか良いものです。活字は苦手という方でも雑誌やDVD、CDなどもレンタルできるところや、インターネットもできる場所もあります。足を運んでみると意外とはまってしまうかもしれません。お金をかけなくても楽しく過ごす方法はたくさんあります。

お金がなくても親孝行したいときにおすすめの方法

「人件費削減により、給料ダウン」「ボーナスカット」「昇給・昇進の見送り」など正社員で働いていても厳しい状況が続いている人はたくさんいます。そんな環境の中でも、親孝行したいと考えた場合、どうしたらいいのかと悩むのではないでしょうか。親孝行と言えば、旅行に連れていったり、ちょっと高価なプレゼント、レストランでの食事などお金をかけたものが思い浮かびますが、お金がないときはどうしたらよいのか困ってしまうことと思います。ここではお金がなくても親孝行したいときにおすすめの方法について紹介します。一つ目は、一緒に過ごす時間を作ることです。近くに住んでいない場合は、なかなか会う機会がありません。近況報告を兼ねて週末に会いに行ってゆっくりと話をしたり、ちょっとしたご飯を作ってあげることもおすすめです。親は娘や息子の元気な姿が見たいものです。特に報告することが思い浮かばないという場合でも、最近あった出来事や面白いと感じた話題など話す内容は何でもかまいません。二つ目は、手紙を書くことです。忙しくて会いに行くのが厳しい場合は、手紙がおすすめです。最近はメールが一般的な時代であり、手紙を書く人が少なくなってきているからこそ、手紙はもらってうれしいものです。インターネットの普及により手紙を書く習慣が少なくなりましたが、手紙はその人の想いが通じるものであり、心のこもったものでもあります。何を書いたらいいのか迷ってしまうかもしれませんが、両親を気づかう言葉や労わる言葉などを添えると喜ばれるはずです。感謝の気持ちを面と向かって伝えるのは恥ずかしいという場合でも手紙ならうまく伝えることができます。これらの方法のように、お金をかけて旅行やプレゼントなどをしなくても、両親に元気な姿を見せるだけで十分です。お金がないからと悲観する必要は全くありません。親孝行はお金をかけることではなく、心を込めることのほうが大切です。

お金がない、うつ病で働けない、そんなときどうするか

「うつ病になってしまい、働けなくなってしまった」「仕事を休んでいる間が長くなるとお金がなくなってしまう」「働かなければ生活ができない」などうつ病で休職や退職をされた方はこれらの悩みに一度はぶつかることでしょう。お金がなくなるという心配をすると、いてもたってもいられないため、仕事復帰をしなけれぱと焦ってしまうけれど、体がついていかなくて辛い、そんな心境になると本当につらいものです。少しでも早く仕事復帰しなければと焦ってしまい、うつ病の回復が遅れてしまったり、再発してしまうこともあります。「働けない」「お金がない」という状況から抜け出すにはどうしたらよいでしょうか。実は、うつ病などの精神疾患を抱えている人のための支援制度があります。これは、精神疾患を抱えている人は経済的な負担を減らすために設けられている制度で、病気で仕事ができないときの保障制度、医療費を助成する制度、生活費の保障、失業等給付、精神障害者保険福祉手帳、税金が安くなる制度と大きく切けて6種類の制度があります。この6種類の制度の中からその人が置かれている状況に合った制度が適用されます。例えば、病気で仕事ができないときの保障制度には傷病手当や労災補償があり、医療費を助成する制度には自立支援医療や精神通院医療費の公的負担、高額医療費制度、心身障害者医療費助成制度、労災補償、医療費控除などがあります。調べてみるとたくさんの制度があることが分かると思います。これらの制度を利用することでうつ病に専念することができるようになります。ただし、これらの制度に頼ってばかりではいけません。制度があくまでもその人が働けるようになるためのサポートであって、あくまでもその人が自活できるようになるためのものです。最近はこれらの制度を悪用しようとする人も増えています。本当に困っている人やお金がない人が利用できるような仕組み作りが求められています。